DANCE NOT ACT

NEWS

No.115:27歳でランナーになった私

20120628_ll_mainImage.jpg
27歳でランナーになった私


こんにちは。制作部黒田です。
私事ですが、先日27歳になりました。
年齢に心が追いつかず、戸惑っております...

毎年、誕生日が来るとなんとなく自分に目標を立てます。
今年は「鍛える」。
これにしようと思います。

きっかけは、ゴールデンウィークに実家に帰ったときのこと。
高校生の妹が、しばらく見ないうちに水泳部で鍛えられたのか
ものすごい肉体改造されて細マッチョになっていたのです。

小さいとき、お腹がフカフカでよく枕にしていた妹のお腹は
今は割れんばかりに引き締まっておられます。

素直に、かっこいい!!と思いました。
年齢を重ねる事にはあらがえないけれど、
肉体年齢は鍛えれば維持、もしくは若返らせることはできるかもしれない!

これだ!!...と。

何か運動する習慣は身につけたいな、とずっと思っていて
実はちょこちょこ気分次第で走っていた事もある私。
運動オンチではありますが、学生時代、短距離走はビリでも長距離走はそこそこな成績だったり、水泳をやっていたので持久力系運動の方が向いているのかな?と思っていて
ランニングは嫌いではないんです。
でも、やっぱり続かない...
誰に相談したのか忘れてしまいましたが、ある人が、こんな事を言っていました。

「走りたくなる、いい靴に出会う事ことが大事。」

ウェアは揃えたのに、靴は普通のスニーカーで走っていた私。
なめてました。
それで今回購入したのが、このハデハデランニングシューズです。
ものすごく軽い!こんなに軽いんですね~

思い立ってハデハデシューズを買ってから早1ヶ月...
ようやくこいつと一緒に走りました!
途中、歩いてほとんど散歩状態でしたが...とりあえず、スタートはきりました!

週に1日でもいいから時間を作って続けます!!
続ける事で、心身ともに「鍛える」。
これが27歳の目標です!

No.114:餃子・ぎょうざ・ギョーザ

20120621_ll_mainImage.jpg
こんにちは。
ダンスノットアクト兼アルティナのおかだです。

先日、パラダイス山元さんが店主の会員制高級紳士餃子
「蔓餃苑」へ連れていってもらいました。
平常は休業・臨時営業といわれるこのお店。
マンボ奏者でもあるパラダイス山元さんの都合に合わせ、
会員の客一組だけが彼のつくった絶品餃子を食するという、
今の日本ではありえないくらい貴重な体験ということで、
友人4人が期待にうち震える子羊よろしくテーブルを
囲んだとご想像ください。

食べたのはなんと!餃子のフルコース。

1) 焼餃子
2) ゼナキング入り(!)餃子
3) チーズクオーターパウンダー
4) 大葉クオーターパウンダー
5) 海鮮餃子
6) おかひじき焼餃子
7) 餃子イタリアーノ
8) パラダイス家の野菜餃子
9) キーマカリー餃子
10) デザートのモツアン餃子
...と、食べに食べた10餃子!
餃子のクリエイティビティを骨の髄まで、
いや、胃袋の奥底まで叩き込んでくれました。

ゼナキング入りというのは言わずと知れた大正製薬の
あの「ゼナキング」が練り込まれている餃子ですが、
これが意外や意外、薬膳のような独特の風味が
異国情緒を醸し出しているではありませんか。
キワモノだと思っていた役者が別ジャンルで世界的な
評価を受け輝いた瞬間をかいま見るよう、とはこのこと
でしょうか。

また、「餃子にニラなんてもう古いと言わせちゃう」と
山元さんが豪語するおかひじき餃子は、官能的とも
いえる新たな歯ごたえが楽しめるモノ。
さらに野菜餃子は、またしても山元さんが豪語した
「醤油につけるなんてもう古いと言わせちゃう」の
言葉通り、餃子をちりめんじゃこ&海老辣油にまぶして
食べる一皿。その複雑美味かつ繊細な味は確かに
醤油時代の終焉を感じさせるに値するものでした。

これらの餃子すべてを独力でつくりあげた山元さん、
「エルブリを超える!」と豪語していましたが、
(彼は餃子に関しては豪語を惜しまない人でした)
確かにものすごいアイデアと実験を繰り返したことは、
料理素人の私でもよく分かります。

クリエイティブであること。
そこには愛情と発見と試行錯誤が必要なんだ、と
48年の生涯で最も苦しくなったお腹をさすりながら
あらためて考えた帰り道でした。

あぁ、でもこのブログ書いているとまた食べたい
気持ちがムクムクとムクドリのように...。

No.113:夏に向けて。

2012_0611_ll_mainImage.jpg
こんにちは。
デジ部・杉江です。

2012年も半分が過ぎました。
本当にあっと言う間です。

さて、今年は4年に1度のオリンピックイヤーです。
バレーボールや陸上、水泳、体操など、各種目で次々と出場権を獲得し、いよいよ本番モードが高まってきました。
日本人選手の活躍が楽しみです。
中でも僕が注目しているのは、サッカーです。
それは、単純に自分が"サッカーばか"だからです。
学生時代から続いている唯一と言える趣味で、現在もタイミングが合えば練習や試合に行っています。
サッカーをして汗をかくと、身も心もリフレッシュができて本当に気持ちがいいです。
身体はもちろん疲労しますが、ひとつのことに集中して運動すると、終わった後に頭がスカッとします。
昔はうまくなりたいという気持ちで必死にしていましたが、今では、リフレッシュ要素として自分の生活に欠かせないものになっています。

ところが、最近はみるみる体力と筋力が低下し、息切れや足がつってしまうことがちらほらあります。
なので、もっとガンガンやりたいと思っていても途中でペースダウンして自分のプレイに満足いかない時もあります。
その都度、「週明けからランニングをしよう!」と思うのですが、なかなか実行できず、そしてまた試合後などに「明日から走ろう!」と...。
この繰り返しが続いています。
家の近くで、朝や夜にランニングをしている人を見ますが、本当にストイックでスゴイなと思います。
そして、自分の意志が弱いだけなんだなと...。

これから夏本番なので、夏バテなど私生活の面も考えてしっかり体力をつけようと思います。
いや、つけます!

No.112:鯉にエサをやる的な。

20120608_ll_mainImage.jpg
こんにちは。制作部谷川です。

5月のゴールデンウイーク後半4日で、生まれ育った『走って転んで大分県』に里帰りしてきました。

家族で、津久見にある『塩湯』へ。
温泉もありますが、目的は、塩湯の海鮮丼★

田舎なので、一応、定休日じゃないか確認し、11時の開店にむけ、いざ出発!!
大分市内から1時間ちょっとで、11時10分に到着!

なのーに、
30番。
え、ここ(超すてきな)ど田舎ですが。。

東京にきて、4年目。
ちょっと昔のクリスピークリームドーナツしかーり、
ディズニーランドしかーり、
満員電車は日常。
多少待つことに慣れた私ですが、

生まれてはじめてご飯(グルメ)を食べるために、どげんこげん3時間半待ちました。
(やっと食べれたのは午後2時半くらい)

いや、さすが美味しー!(10品目くらい盛りの海鮮丼★)
せっかく並んだので、海鮮丼の他に、
伊勢エビの刺身さんとかー、
アワビの壺焼きさんとかー、
を頂いて来ました。(しかも値段は破格)


その後、

お腹もいっぱいなのに、塩湯の塩ソフトクリームをうきうき食べながら、
津久見のイルカ島に。
餌をやりたい子は、その場でおじさんに500円を払うと、餌バケツをくれます。
やり方の指導などもなく、イルカの口にポイ!

3匹のイルカが口をあけて、間近に寄ってきました。

ポイ!ポイ!ポイ!...


逆に、
そう逆に、これはきっと、東京じゃ並びそうなスポット。。。


最近は、映画のロケ地として、
臼杵、佐伯、津久見が熱いらしいです。

別府、湯布院もいいですが、
もし、大分県に行く機会があれば、魚食うち、イルカ見ち下さい!!

close