DANCE NOT ACT

NEWS

No.126 : 大掃除

kiku_ll.jpg
皆さま、こんにちは。
今年の6月19日に入社した制作部の菊地です。
12月21日はDNA東京オフィスの大掃除でした。
佐野プロデューサーに任命され掃除担当になった僕は、日頃一番お世話になっている2階のトイレの掃除から始めました。
トイレの掃除をしているとマスクをも貫通し伝わってくるアンモニア臭。
懐かしい感じがしました。特殊な性癖があるわけではありません。
以前僕はユニマットライフという会社に勤めていたのですが、
その時に行っていた業務の一つに清掃業務がありました。(普段は専門の業者に頼むのですが、清掃の項目でノルマの金額に届かない時などは自分で安価な金額設定をして清掃したりしていました。)
トイレ掃除は稀でしたが、汚いコンビニのトイレは格別な臭いを放ち、
社会人なりたての僕のやる気を削ぐには十分なものでした。
マット交換、モップ交換、空気清浄機や浄水器のメンテナンス、飛び込み営業など、毎日汗まみれ汚れまみれだった気がします。
そんな汚れまみれな僕でも、沢山の会社さんに潜入し学んだ事があります。
それは、入り口(玄関)が綺麗な会社はしっかりしているという事です。外から来たお客様はみんなまず最初に玄関を見ます。
DNA東京で言うと、まず2階のオフィスを見る事になります。
そして2階が整理整頓されているか、掃除がきちんとされているかで
だいぶ印象が違ってくるかと思います。
そんな思いから、今回初大掃除という事で自らを2階の掃除担当にしました。
普段出来ない見えない部分や手の届かない部分も含めて、
日頃の感謝の気持ちを込めてみんなで隅々まで出来たと思います。
頑張ったおかげもあり、僕は今回の大掃除のMVP賞を穫る事が出来ました。
皆さんご支持ありがとうございました。
終わったあとはこんな感じでピザを大量に生産してしまい、
誤発注だと一時罵られてしまう場面もありましたが、
何とかみんなで美味しく完食する事が出来ました。
佐野さんごちそうさまでした。

close